スマートフォンスペックレビュー

2021.02.01  しらたまの、やっぱりmade in ちゃいな

 

一昨年の冬に購入したスマートフォン

『Xiaomi Mi 9T PRO』

購入価格は40,970円

 

当時はXiaomi製スマホは正式に日本に上陸しておらず、

Amazonにて日本語対応のグローバル版を購入したのでした。

 

グローバルバージョンXiaomi Mi 9Tプロ6.39インチ6GB 64GBスマートフォンブルー

 

面白いのは、ノッチがないということ。

インカメラは本体上部から、必要な時だけ自動で出てくる仕様となっていて、

画面占有率は驚異の91.9%!

 

インカメラを起動した際や、顔認証をする際に自動で『にょき』っと出てくる姿は、

何ともいえない面白さです。

また、万が一インカメラが突出した状態で落下を検知すると、自動で収納されるという優れもの。

顔認証するのが楽しいスマートフォンというのも、なかなかないのではないでしょうか?

 

 

スペックとしてはまず、

搭載されているSoCがSnapdragon855。

一般的に本体価格が10万円以上するハイエンドモデルと同じレベルの端末です。

 

また、Xiaomi Mi 9T PROのカメラは、

4800万画素のメインカメラ、800万画素の望遠レンズ、1300万画素の超広角カメラ

という、トリプルAIカメラを搭載しているのが特徴です。

 

一眼レフで撮影したような本格的な写真が簡単に撮れる、

カメラ機能に妥協できないユーザーにもぴったりの端末だと言えます。

 

 

ただもちろん、いくつかのデメリットは存在します。

 

まず、NFCには対応していますが、おさいふケータイは非対応。

それから、防水や防塵の機能はありません。

また、docomo・ソフトバンクの回線には対応していますが、auのみ非対応かつ、

docomo・ソフトバンクに関しても『プラチナバンド』や『5G』などの回線には対応できない可能性が高いです。

RAMが6GBなのも、ハイエンドクラスにしては少し控えめな印象ではあります。

(保存容量は128GBと多いタイプを選んでいるので快適ですが、メモリーカードが入らないのはデメリット)

 

 

『防水・防塵必須!』というような方でなければ、

非常にお買い得な端末になっていると思います!

 

中国製だからと毛嫌いせずに、購入しようとしている端末と比較してみると良いかもしれません。

 

以上、スマートフォンスペックレビューでした。

 

 

 

CONTACT USお問い合わせ

サービスに関すること等、お気軽にお問い合わせください。

028-647-3322

[受付時間]
平日9:00~17:30

お問い合わせ
フォームはこちら
ページトップへ